招待選手
ENTRY

第28回 ゲストランナー

神野大地

山下克尚

愛媛県西予市出身

(都道府県対抗広島男子駅伝)
(ジュニアオリンピック)
(インターハイ 3000mSC)
「順天堂大学」
【ベストタイム】
ハーフ 64分24秒
【これからの目標】
2020年東京オリンピックパラリンピックで道下美里さんと 世界一になる。

教師になる夢と箱根駅伝出場という2つの夢を追いかけて入学したが、大学二年生の時に疲労骨折をして1年近く走れない時期が。前向きになれず、夢を諦めかけた時期に道下美里さんと出会う。道下美里さんも病気で失明した時に、夢を諦めざるを得ない状況になり、生きる希望を失ったと聞く。しかし、走ることに出会い、夢に向かって明るく前向きに走っている姿を見て、自分もふたたび前に進もうという気持ちに。 道下美里さんに夢を与えてもらったので、次は自分が子どもたちに夢を与えたいという気持ちに。障害をもった子どもたちの可能性を広げ、明るく前向きに自信もって生きてほしい。そういう思いになり、特別支援学校の教師になることを決める。 そして今の自分がある。

第28回 スペシャルサポーター

土佐礼子

土佐礼子(村井礼子)

愛媛県松山市出身
ベスト記録:2時間22分46秒
(2002年ロンドンマラソン)

三井住友海上火災保険所属。2004年のアテネオリンピック女子マラソン日本代表として出場し5位入賞。2008年の北京オリンピックは無念の途中棄権に終わったが、オリンピック2大会連続出場を果たす。2001年(エドモントン)と2007年(大阪)の世界陸上選手権において、メダル(銀・銅)を獲得した。2004年に結婚。2010年に長女を出産後、2012年の名古屋ウィメンズマラソンを最後に現役を引退。2013年長男を出産。現在2児の母として子育てを行いながら女子陸上競技部アドバイザーとして後進の指導に当たるとともに、市民マラソン大会でのゲストランナー、マラソン・駅伝のテレビ解説などを行っている。

神野大地
無理なく走れるようになる
土佐礼子&村井啓一夫妻の

ランニングクリニック

初心者の方でもマラソン完走に向け無理なく走る方法を、元オリンピック選手の土佐礼子さんと、土佐礼子さんの旦那様で松山大学女子駅伝部のコーチを務める村井啓一さんにレクチャーしてもらえるランニングクリニックです。参加は無料。ふるってご参加ください。
日時 / 2019年5月2日(木) 
    16:30〜17:30   
場所 / 西予市乙亥の里広場  
料金 / 無料(申込不要)